【損失注意】ウェルスナビは稼げない?投資初心者向け【2ch・評判】

1.ウェルスナビなら投資が初心者でも簡単にできる

  1. ロボアドバイザーによる自動資産運用だから手間がかからない  
  2. 【10万円】低コストで利用可能。手の出しやすい投資必要資金
  3. ノーベル賞受賞者の理論に基づいたアルゴリズムで相場の動向に惑わされない

ウェルスナビって安全なの…?

ロボットアドバイザーって…?

結局のところウェルスナビって儲かるの…?

ウェルスナビとはウェルスナビ株式会社が運営するロボアドバイザーサービスです。

特徴は、投資の手間がなくほとんど自動で資産運用を行ってくれる点が挙げられますね。

よって、投資や資産運用に詳しくない人や、時間のない人でも簡単に始められます。

しかし2chやSNSではウェルスナビに対し後ろ向きなコメントをよく見かけますよね。。。

そんなウェルスナビのメリット・デメリット、2chでの評判などについて解説していきます。

1-1.ロボアドバイザーによる自動資産運用だから手間がかからない

ウェルスナビは世界水準の金融アルゴリズムで自動で資産運用を行うサービスです。

ロボアドバイザーが投資の助言やポートフォリオの提案、実際の投資等をしてくれます。

昔は人が投資代行をするのが主流でした。

当たり前ですが人件費にかかるコストも大きいです。

それを解決したのが、ロボットが投資代行をしてくれるウェルスナビ。

人件費がかからないため、その分低コストで利用することが可能となりました。

[fukidasi src=https://1colle.com/wp-content/uploads/2020/01/hara-good.jpg name=原田口昂弘 side=left color=#151515 border=#6d6d6d bg=#fff]ロボットアドバイザーのおかげで手間が掛からないんだね![/fukidasi]

1-2.【10万円】低コストで利用可能。手の出しやすい投資必要資金

低コストで利用することが可能となったとは言いましたが、実際いくらだと思いますか。

なんとウェルスナビの最低投資額は10万円と、とても低額なんです。

初めて投資を行う人は、少しハードルが高い金額と思う方もいるかもしれません。

同じロボアドバイザーの投資代行サービス「THEO(テオ)」は1万円から投資できます。

しかし、今後しっかりと投資をしていくのであれば10万円ほどの金額が妥当でしょう。

[fukidasi src=https://1colle.com/wp-content/uploads/2020/01/hara-ari.jpg name=原田口昂弘 side=left color=#151515 border=#6d6d6d bg=#fff]多少高額な方が責任感も増すよね![/fukidasi]

1-3.ノーベル賞受賞者の理論に基づいたアルゴリズムで相場の動向に惑わされない

ノーベル経済学賞を受賞したマーコビッツ氏が唱えた「現代ポートフォリオ理論」。

ウェルスナビはこの理論に基づいた、資産運用を全自動で行うサービスです。

つまりは高度な知識や手間なしに投資を行うことが可能ということになります。

「上手くいかないと怒って間違った投資判断しちゃいそう…」

「不景気になったら焦って変な投資に出ちゃいそう…」

このように、投資では不安や焦り、怒り等の感情が適切な判断を邪魔するものです。

ウェルスナビは機械的に投資を行うので相場の動向に惑わされない判断ができるんですね。

[fukidasi src=https://1colle.com/wp-content/uploads/2020/01/hara-sorena-hidarimuki.jpg name=原田口昂弘 side=left color=#151515 border=#6d6d6d bg=#fff]全自動でやってくれるから感情に左右されずに投資できる![/fukidasi]

2.ウェルスナビのメリット3選

  1. 知識不要で投資素人でも安心して運用できる
  2. 自動運用でほったらかしでも大丈夫
  3. 始めやすさと辞めやすさ

ウェルスナビは、運用の自動化や始め方辞め方の容易さといったメリットがあります。

さらには、ロボアドバイザーの資産運用サービスで預かり資産・運用者数で国内No.1。

※一般社団法人日本投資顧問業協会
「契約資産状況(2019年9月末)」より
モーニングスター社調べ(2019年12月時点)

ではウェルスナビは具体的にどのような点で優れているのでしょうか。

まとめてみました。

2-1.知識不要で投資素人でも安心して運用できる

「投資って覚えることたくさんあって難しそう…」

「専門用語覚えきれない…」

投資を始めようと考えた際、このように思われる人は少なくないんじゃないでしょうか。

普通、自分で投資しようとするとたくさんの投資に関する知識と時間が必要となります。

・そもそもの投資に対する基礎知識
・資産運用の方針立て
・銘柄の選択
・売買

といったことですね。

確かに、金融関係の企業に勤務していない限り敷居が高いと思います。

しかし、ウェルスナビでは自動で投資判断をしてくれるため、知識を多く必要としません。

投資初心者には打ってつけのサービスなんです。

[fukidasi src=https://1colle.com/wp-content/uploads/2020/01/hara-kan.jpg name=原田口昂弘 side=left color=#151515 border=#6d6d6d bg=#fff]そこまで知識がいらないのは助かるなぁ[/fukidasi]

2-2.自動運用でほったらかしでも大丈夫

ウェルスナビは、投資を一任できるロボアドバイザーです。

投資をする人自身の環境や条件に合わせて最適なプランを提案します。

また、実際の資産配分の最適化や資産運用の一部自動で行ってくれます。

つまり、最初の口座開設と入金後は、自動で運用してくれるということです。

投資初心者の人や普段からお忙しい人にとってはとても助かりますよね。

[fukidasi src=https://1colle.com/wp-content/uploads/2020/01/hara-sorena-migimuki.jpg name=原田口昂弘 side=left color=#151515 border=#6d6d6d bg=#fff]自動でやってくれるから楽でいいね![/fukidasi]

2-3.始めやすさと辞めやすさ

「投資を始めるのって色々手続きあって面倒臭くさそう…」

「簡単に辞め羅れなかったら怖いな…」

投資初心者の人はこのように思われた方もいるのではないでしょうか。

そういった方にウェルスナビはオススメです。

ウェルスナビは最速で2営業日で運用を開始することが可能です。

また、解約や出金についての操作も簡単な仕様となっているんです。

投資を始める際に煩わしい手続きを必要としません。

ふと思い立って辞めようと考えた際も簡単に解約することができます。

敷居が低い分、初心者にも優しいサービス設計となっているんですね。

[fukidasi src=https://1colle.com/wp-content/uploads/2020/01/hara-tanomu.jpg name=原田口昂弘 side=left color=#151515 border=#6d6d6d bg=#fff]辞めやすいのは安心できる![/fukidasi]

3.ウェルスナビのデメリット3選

  1. 手数料が高い
  2. 短期で利益を上げたい人には向いていない
  3. 当初の購入代金を下回る可能性がある

ウェルスナビの手数料や運用、リバランスについて、疑問に思っている人も多いです。

Twitterや2chではそう言った不満の声が少なくありません。

では具体的にどういった点でそのように思われているのでしょうか。

ウェルスナビを使っていく上でデメリットに感じる可能性があることをまとめました。

※リバランスとは…複数の資産や証券に分散投資するポートフォリオ運用において、資産の再配分をリバランスといいます。時間の経過とともに相場が変動することで、当初決定した資産配分が変わっていきます。そこで、定期的にその資産配分の比率を当初の計画どおりに修正を行います。これがリバランスです。
引用:SMBC日興証券 初めてでもわかりやすい用語集

3-1.手数料が高い

ウェルスナビの手数料は1%となっています。

預かり資産の3,000万円を超える部分については、0.5%に下がります。

この手数料設定について、2chやTwitterでは高すぎると言う声が多いです。

例えば100万円を運用していたとした場合、年間約1万円の手数料がかかる計算になります。

投資初心者や時間がなく忙しい人は、この手数料を安いと思う方もいるかもしれません。

投資経験がある人は高いと思うでしょう。

しかし、ウェルスナビはロボットアドバイザーを活用した自動資産運用サービスです。

お金預ければ自動運用してくれるので、その点も加味すると妥当な手数料かもしれません。

[fukidasi src=https://1colle.com/wp-content/uploads/2020/01/hara-kan.jpg name=原田口昂弘 side=left color=#151515 border=#6d6d6d bg=#fff]つまり、その人次第ってことだね![/fukidasi]

3-2.短期で利益を上げたい人には向いていない

ウェルスナビは1〜2年スパンの短期投資には向いていません。

理由は「長期・積立・分散」の資産運用をサポートするサービスだからです。

つまり、短期間に大きな利益をあげることが難しいんですね。

その一方で、短期間に大きな利益があげられない分、大きなリスクは避けることができます。

腰を据えて長期で資産運用をしていきたいのか。

ある程度リスクを負っても短期で利益を狙いに行きたいのか。

始める前に考えて見ましょう。

長期で考えている方にとってはウェルスナビはオススメできるサービスになります。

[fukidasi src=https://1colle.com/wp-content/uploads/2020/01/hara-kan.jpg name=原田口昂弘 side=left color=#151515 border=#6d6d6d bg=#fff]短期か長期か、自分にあった方を選ぼう![/fukidasi]

3-3.当初の購入代金を下回る可能性がある

いくら安全で優秀な資産運用でも、元本割れの可能性は絶対にないとは言えません。

これは投資をする以上、購入代金を下回ってします可能性があります。

購入代金を下回る可能性があるからこそ、リターンの可能性もあるということです。

[fukidasi src=https://1colle.com/wp-content/uploads/2020/01/hara-tanomu.jpg name=原田口昂弘 side=left color=#151515 border=#6d6d6d bg=#fff]リターンを得るにはリスクがつきもの![/fukidasi]

4.ウェルスナビは忙しいけど資産運用を始めたい人にオススメ

  1. 資産運用に時間を取られたくない
  2. 感情に左右されず自動で資産運用をしたい
  3. 長期的な資産運用を予定

ウェルスナビは以下のような人にオススメです。

・お金もあり投資もしたいが時間がない人、投資はしたいが他のことにも時間をかけたい人

・感情に左右されずにロボアドに自動で資産運用をしてもらいたい人

・長期で資産を形成していきたい人

忙しいビジネスマンや投資知識が乏しく忙しい主婦に大人気です。

ではどう言った点でオススメなのでしょうか。

解説します。

4-1.資産運用に時間を取られたくない

「日中は大学で授業受けたりサークルがあったりして投資に割く時間がない」

「投資に興味はあるけど覚えることたくさんあって面倒」

という人にウェルスナビはオススメ。

なぜならウェルスナビは入金から運用まで、とても簡単な仕様となっているからです。

口座に入金をすると、後は自動でその時に応じた適切な投資先を選択・調整をしてくれます。

その上、銀行口座から自動でウェルスナビの口座に引き落としされます。

無理せずちゃんと投資し続けることが可能です。

[fukidasi src=https://1colle.com/wp-content/uploads/2020/01/hara-maji.jpg name=原田口昂弘 side=left color=#151515 border=#6d6d6d bg=#fff]何事も続けることが大切だよね![/fukidasi]

4-2.感情に左右されず自動で資産運用をしたい

ウェルスナビの利点として投資するタイミングに悩む必要がないということが挙げられます。

一般に相場が下落した後、上昇に転じる際に購入できれば投資で利益を上げられます。

しかしながら、そのような相場の動きを予測することは大変難しいです。

逆に相場が下落した際に悲観的なニュースが報道されると、投資できない人が大半です。

時期が遅れて、相場が上昇した後に焦って投資する人もいるでしょう。

このような不安や焦り、怒り等の感情は適切な判断を阻害します。

そういった問題を解決したのがウェルスナビです。

相場の動向に左右されずに機械的に投資が行われます。

人間の心理に影響されない、客観的な判断をすることが可能です。

相場が動くと感情が左右されてしまいそうな人にはオススメですね。

[fukidasi src=https://1colle.com/wp-content/uploads/2020/01/hara-ari.jpg name=原田口昂弘 side=left color=#151515 border=#6d6d6d bg=#fff]機械的にやってくれるのはありがたい。。。[/fukidasi]

4-3.長期的な資産運用を予定

ウェルスナビでは短期の相場変動に左右されない、長期視点の資産形成が勧められています。

投資方法自体も長期運用が前提のサービスです。

少なくとも3年以上は資産運用を予定しましょう。

ちなみにウェルスナビでは長期投資の応援のために「長期割」というサービスがあります。

50万円以上を運用している場合、長期で続けると最大0.9%まで手数料が安くなるんです。

長く続けようと考えている人はとっても向いているのではないでしょうか。

[fukidasi src=https://1colle.com/wp-content/uploads/2020/01/hara-maji.jpg name=原田口昂弘 side=left color=#151515 border=#6d6d6d bg=#fff]長期的に投資したい人にはありがたいサービス![/fukidasi]

5.【2ch調査】ウェルスナビの実態に迫る

  1. ロボアド儲かる儲からない問題
  2. 手数料が高い低い問題

これからウェルスナビを始めようとしている人の中には、2chの意見を見ている人もいます。

しかし、2chに書かれているコメントの中にはその真偽が怪しいものも少なくありません。

単純に内容を信じてどうするか決めるのはやめることを推奨します。

ウェルスナビに関する情報も当てにはなるかどうかは怪しいです。

中には実際にウェルスナビを行い、正しくコメントをしている人もいるかもしれません。

しかし実際には、そもそもウェルスナビをやっていない人もコメントしています。

2chでは日々ウェルスナビについて多くの議論がなされています。

中でも多くみられるコメントについて調査し、なぜそんな議論が起こるのか、調べました。

5-1.ロボアド儲かる儲からない問題

2chでは頻繁にウェルスナビについて

 「下手な投資よりロボアドの方が儲かるのも事実」

 「下手なロボアドより、投資のほうが儲かる。」

と言った議論がみられます。

そもそもの話ですが、この世に「絶対に儲かる」なんてことはありません。

個人で投資してもウェルスナビで投資をしても、一定数儲かる方とそうでない方がいます。

何事も自己判断で決めるべきでしょう。

ちなみにウェルスナビでは、CEOの柴山さんが運用実績をHPで載せています。

こちらを見ると、運用実績は好調なようです。

自分で信頼のおける情報を収集し、その判断材料から意思決定をしていきましょう。

[fukidasi src=https://1colle.com/wp-content/uploads/2020/01/hara-tanomu.jpg name=原田口昂弘 side=left color=#151515 border=#6d6d6d bg=#fff]自分の頭で考えて判断しよう[/fukidasi]

5-2.手数料が高い低い問題


「手数料年一割はやっぱりボッタクリだよなぁ」
 
「ウェルスナビの手数料高いとか言われてるけど、売買手数料は掛からないからな。」

「 リバランスや積立時の手数料差を考えれば結構いい線行くとは思うわ」

ウェルスナビでは上記のような手数料が高いか否かの議論が頻繁になされています。

実際に手数料は高いのでしょうか。

ウェルスナビの手数料は1%です。

ウェルスナビの特徴は忙しい人、投資知識の乏しい人でも簡単に投資ができることです。

運用する多くの方は、投資をする時間、投資の勉強をする時間がない方ではないでしょうか。

このような日々を過ごしていたら、資産の運用やリバランス、税金諸々の作業はできますか。

難しいですよね。

ウェルスナビはお金を預ければ自動運用してくれます。

この観点からすると、安いと判断できるのではないでしょうか。

その一方で、投資経験豊富な人はウェルスナビをする必要がありませんよね。

なぜなら自分で資産運用できるからです。

そう言った人は手数料は高く感じるのも自然かと思います。

投資初心者の人から見ればウェルスナビの手数料は安いでしょう。

逆に、投資に慣れている人からすれば高いと思われるのです。

[fukidasi src=https://1colle.com/wp-content/uploads/2020/01/hara-sorena-migimuki.jpg name=原田口昂弘 side=left color=#151515 border=#6d6d6d bg=#fff]ネットの情報を鵜呑みにするのは危険だね。。。[/fukidasi]

6.【超簡単3ステップ】ウェルスナビの始め方

  1. 最初に運用プランを決める
  2. 次に口座を開設する
  3. 最後に入金をして資産運用がスタート

ウェルスナビは簡単なステップを踏むだけで資産運用をスタートすることができます。

その申し込みもオンラインのみで完結できるので煩わしくありません。

さらには最短2営業日で資産運用を始めることができるのです。

口座開設から資産運用までのステップをご説明します。

6-1.最初に運用プランを決める

ウェルスナビ簡単な質問に答えるだけでその人にあったプランを提案してくれるんです。

初めに運用プランを決定します。

質問に答えると、「リスク許容度」と「目標金額」が表示されます。

「リスク許容度」という言葉は聞き慣れませんよね。

リスク許容度とは資産形成を目指すにあたり、どれ程のリスクを受け入れるか示すものです。

ウェルスナビではリスク許容度を1~5の5段階で用意されています。

数字が大きいほどリスクが高くなります。

リターンを得るためにはリスクを受け入れる必要があります。

それをどれほど許容できるかは自身の資金や運用に対する考え方などによって異なる物です。

自分自身で考え抜いた上で、リスク許容度を設定してくださいね。

筆者はリスク許容度は5で設定しました。

2だとfee負けするとの話を聞きました。

[fukidasi src=https://1colle.com/wp-content/uploads/2020/01/hara-maji.jpg name=原田口昂弘 side=left color=#151515 border=#6d6d6d bg=#fff]リスクをどれくらい受け入れられるか。。。[/fukidasi]

6-2.次に口座を開設する

次に口座開設の申し込みをします。

最短3分で終わることが可能です。

・メールアドレスの登録
・認証コードとパスワードの入力
・お客様情報の登録
・本人確認書類のアップロード
・規約等の同意
・簡易書留の配達希望日の選択

全てオンラインで完結できるので非常に簡単に登録することができます。

また口座開設前に

・運転免許証 
・マイナンバーカード or 通知カード 
・メールアドレス
・銀行の口座番号

を揃えておくと楽ですね。

[fukidasi src=https://1colle.com/wp-content/uploads/2020/01/hara-good.jpg name=原田口昂弘 side=left color=#151515 border=#6d6d6d bg=#fff]オンライン上で全て完結できるのはありがたい![/fukidasi]

6-3.最後に入金をして資産運用がスタート

最後に入金をします。

入金はこういう時にした方が良い、というようなオススメのタイミングはありません。

なぜなら、初心者が適切なタイミングを見計らうのは難しいからです。

長期的にコツコツと投資を行うことをだけを考えましょう。

積立投資は、安い時に多く購入し、高い時に少なく購入するのが利点です。

初心者の人はまず最小額の10万円からスタートしましょう。

その後、積立額を少しずつ投資しくて良いかもしれませんね。

目先の利益を得ようとせず、コツコツ投資し続けることを心がけていきましょう。

[fukidasi src=https://1colle.com/wp-content/uploads/2020/01/hara-ari.jpg name=原田口昂弘 side=left color=#151515 border=#6d6d6d bg=#fff]まずはスタートしてみよう![/fukidasi]

7.まとめ〜経験者にはオススメできない〜

ウェルスナビはその人にあったプラン、運用の自動化、長期投資を望む人に向いています。

デメリットは元本割れリスクや、手数料の高さなどですね。

なので、小額で運用をしたい人や、投資経験者は、他の手段も検討してみると良いでしょう。

しかし、投資初心者の人や、資産運用の時間がないという人は、ウェルスナビがあっています。

まずはウェルスナビで資産運用を始めてみることをオススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です