【2020年最新】ロボアドバイザーおすすめランキング【TOP5】

「ロボアドバイザーってたくさんあるけど何が一番良いの?」

「何を見て判断すれば良いんだろう」

「それぞれどんな特徴があるの?」

昨今、たくさんのロボアドバイザーが世に出ていてます。

たくさんある中で、どのサービスが自分に適しているか、投資初心者の人は判断が難しいですよね。

そもそも何を判断基準にすれば良いのかもわからないと思います。

安心してください。

今回はそんな投資初心者の人のために、

  • オススメのロボアドバイザーランキング
  • 各サービスの機能や特徴
  • 比較する際の判断材料

などについてまとめました。

目次

1.ロボアドバイザーは初心者でも自動でお金を増やしてくれる

ロボアドバイザーは、AIが投資の助言をしたり、あなたに代わり資産運用を代行するサービスです。

このロボアドバイザーには大きく2種類あります。

助言型とは、その名前の通りアドバイスのみをAIが行ってくれるロボアドバイザー です。

投資一任型との大きな違いは、アドバイスをするだけで、運用は行わないということ。

ロボアドバイザーのアドバイスをもとに、実際に運用を行うのは自分自身ということになります。

つまり、最終的な運用の決断をするのは自分自身。

定期的に必要になるリバランスという作業も自分で行う必要があるのです。

投資初心者の場合にはあまりおすすめできません。

※主な投資助言型のロボアドバイザー

  • 投信工房(松井証券株式会社)
  • スマートフォリオ(株式会社みずほ銀行)
  • SBI-ファンドロボ(株式会社SBI証券) など

投資一任型はその名の通り、銘柄の選定からリスク分散、資産運用まで、全てを任せることが可能です。

自分で資産運用をする必要がないため、時間がない人や投資知識がない人でも安心して始められますね。

さらに、リバランスもしてくれるので、投資初心者にオススメのサービスと言えるでしょう。

※主な投資一任型のロボアドバイザー

  • ウェルスナビ(ウェルスナビ株式会社)
  • テオ(株式会社お金のデザイン)
  • 楽ラップ(楽天証券株式会社)
  • LINEスマート投資(LINE Financial株式会社・株式会社FOLIO) など

自分のライフスタイルや投資に対する考え方にあったロボアドバイザーを選ぶことが重要です。

2.【確認必須】ロボアドバイザーを選ぶ際に重要なポイント3選

投資初心者の人は、ロボアドバイザーをどのような基準で判断すれば良いか迷いますよね。

当たり前ですが、選ぶ際には注意すべき点があります。

それは次の3点です。

  • 運用コスト・手数料
  • 最低投資額
  • 投資対象

どうしてこの3つがロボアドバイザーを選ぶ際に重要なのでしょうか。

理由をご説明いたします。

  1. 運用コスト・手数料は将来のリターンに関わってくる
  2. 最低投資額を見て無理なく始められるか判断しよう
  3. 【注意】投資対象が自分の知らない銘柄にもなり得る

2-1.運用コスト・手数料は将来のリターンに関わってくる

ロボアドバイザーの運用コスト・手数料は自分の収益に直接関わってくる大切な判断材料です。

ロボアドバイザーの投資では、口座開設自体は無料というサービスがほとんどです。

しかしながら、サービスを使用するための手数料がかかってきます。

手数料は会社によって違いがありますが、大体投資金額の0.3~1.0%の範囲内となっています。

ロボアドバイザー は長期運用が前提なので、何年も続けることを想定すると、重要な問題ですよね。

もちろん手数料が安いロボアドバイザーの方がコストを抑えることができます。

どのロボアドバイザーを検討する際も、必ず手数料は調べるようにしましょう。

ロボアドバイザーの手数料は「預かり資産(自分が投資した金額)」にのみ掛かってきます。

①年間手数料が1%のサービスで10万円投資をした場合、年間1%で1,000円が手数料となります。
10年運用すれば1万円です。

②0.5%のサービスでは500円が手数料となります。
10年運用すれば5,000円です。

つまり、

仮にあなたが10年間ロボアドバイザーを運用すると、単純に支払う手数料の差額が5,000円になります。

100万円投資した場合には、10年で50,000円も差が出てしまう計算になるんです。

0.5%の差でも、ここまで大きく変わってきます。


2-2.最低投資額を見て無理なく始められるか判断しよう

各ロボアドバイザーによって、投資を始める際に必要な最低投資額はかなり異なります。

1,000円で始められるON COMPASSのようなサービスもあれば、10万円かかるウェルスナビもあります。

人それぞれ自分の資産にどれほど余裕があるかは違いますよね。

なので、最低投資額は無理に捻出せず、自分の生活スタイルにあったサービスを選びましょう。

投資のために車や家を売ったり、貯金を全額使ったりと、何か犠牲を払うのは元も子もありません。

自分の貯金額や給与、投資に回せる金額を考え、どのサービスが適切なのか判断することが大切です。

2-3.【注意】投資対象が自分の知らない銘柄にもなり得る

ロボアドバイザーによって、

「国内なのか海外なのか」

「上場しているのかしていないのか」

など、ロボアドバイザーが自動で投資する対象は異なります。

ここでポイントなのが、「投資する対象が、有名か無名か」は関係がないということです。

例えば、

ロボアドバイザーが扱う銘柄が多い場合、名の知られていない銘柄にも投資される可能性があります。

名の知られている銘柄を少数で運用しているロボアドバイザーが1番資産が増えるかもしれません。

つまり、一概に投資対象の違いで優劣をつけられないと言えるでしょう。

  • 投資先が国内外たくさんある方が良い人は「テオ」
  • 国内企業だけに投資したい人は「ON COMPASS」
  • 好きなジャンル(例:ドローン、人工知能、アニメ)に投資したい人は「LINEスマート投資」

といったように、あなたの好みで判断しても良いかもしれません。

3.【2020年最新版】オススメのロボアドバイザーランキングTOP5

ここでは先ほど挙げた「ロボアドバイザーを選ぶ際に重要なポイント」である、

  • 運用コスト・手数料
  • 最低投資額
  • 投資対象

の3点に加え、各ロボアドバイザーの運用実績やユーザー数、独自機能等を元に判断した上で、

「投資初心者にオススメのロボアドバイザーランキング」

をご紹介します。

ここで注意したいのが、1位のサービスがあなたにとって1番良いサービスではないということです。

自身の資産状況や投資の考え方を照らし合わせた上で、相性の良いサービスを選択してくださいね。

  1. ウェルスナビ〜利用者数No.1!ロボアドや投資初心者でも安心できる〜
  2. テオ〜80カ国への分散投資ができるから、損害を最小限に抑えることができる〜
  3. LINEスマート投資〜500円から資産運用ができる?誰でもいますぐ始めやすい〜
  4. 楽ラップ〜運用コースがたくさんあるから、あなたにあった運用が可能〜
  5. 投信工房〜ロボアドで唯一NISAに対応!節税できるからお得にお金を増やせる〜

1位.ウェルスナビ〜利用者数No.1!ロボアドや投資初心者でも安心できる〜

運営会社ウェルスナビ株式会社
サービス開始2016年7月
運用者数17万人(2019年12月31日時点)
預かり資産2500億円
投資対象海外ETF
最低投資額10万円
手数料約1% ※3,000万円を超える部分は0.55%
リバランス半年に1回
自動積立1万円~
サービス特有の機能デタックス(自動税金最適化)

ウェルスナビはロボアドバイザーの業界でトップのシェアと実績を誇るロボアドバイザーです。

なんと、2016年のリリースから約4年経った2020年6月、預かり資産2500億円、口座数31万口座を突破。

どのロボアドバイザーと比べても圧倒的な実績であると言えます。

また、ウェルスナビは業界初の長期運用者に対する割引制度が備わっています。

さらには、自動で税金を最適化して最終的に手元に残るお金を増やしてくれる仕組みもあるのです。

公式サイトではCEOである柴山さんの運用実績も公開されています(2020年4月30日時点)。

ウェルスナビ公式サイトより

投資額の累計483万円が、541万円以上(+12.05%)に増えています。

1年あたりにすると+3.5%ですね。

投資経験のない方は、人気も実績もあるウェルスナビで資産運用を始めてみるのは非常にオススメします。

2位.テオ〜80カ国への分散投資ができるから、損害を最小限に抑えることができる〜

運営会社株式会社お金のデザイン
サービス開始2016年2月
運用者数6万5千人
預かり資産360億円
投資対象海外ETF
最低投資額1万円
手数料約1%※3,000万円を超える部分は0.5%
リバランス月1回
自動積立1万円~
サービス特有の機能THEO AIアシスト

ユーザーの大半は20~30代と、比較的若者に人気のあるロボアドバイザーです。

また、ユーザーは投資の未経験者が80%を占めるとのこと。

ちなみに手数料は積立設定や利用状況で変動する「THEO Color Palette」というもので決定されます。

最低積立額は1万円と安い上に、

231通りのポートフォリオから、あなたに最適な30種類以上のETFを選び投資してくれます。

さらには、

  • 月ごとにリバランスしたり、歳を重ねるごとに応じて、定期的に投資銘柄の変更もしてくれる
  • リーマンショックなどの急激な下落時は、ポートフォリオの資産配分を自動で変更し、大きな下落を軽減

このような初心者想いな特徴を持つのがテオです。

これと同様の資産運用を個人で行うことはほぼ不可能でしょう。

投資をしたことない上に少額から始めたいという人は是非テオをオススメします。

3位.LINEスマート投資〜500円から資産運用ができる?誰でもいますぐ始めやすい〜

運営会社LINE Financial株式会社・株式会社FOLIO
サービス開始2019年4月25日
運用者数400万人(友だち登録者数)
預かり資産非公表
投資対象海外ETF
最低投資額500円
手数料預かり資産の1%(税抜年率)+ ETF経費(非公開/税抜年率)
リバランス特定の条件で自動リバランスを実行
自動積立500円〜
サービス特有の機能LINE Payとの連携

※図はワンコイン投資の場合

普段LINEを使っている、LINE Payで支払っている、そんな人にオススメのサービスです。

LINEスマート投資はワンコイン投資とテーマ投資の2種類に分けられます。

投資初心者の人はワンコイン投資が最適でしょう。

ワンコイン投資は、500円という超少額から投資を始められるので、初心者はお試し感覚で運用できます。

さらに、LINE Pay引き落としにすると、LINE Payの還元率UPや、LINEポイントも貯まるのです。

そのため、LINE Payユーザーにとっては投資もしつつポイントも溜まって一石二鳥ですね。

LINEユーザーで、まずは軽い気持ちで投資を初めてみたいという人はLINEスマート投資が最適です。

4位.楽ラップ〜運用コースがたくさんあるから、あなたにあった運用が可能〜

運営会社楽天証券株式会社
サービス開始2016年7月
運用者数5万人
預かり資産非公表
投資対象国内投資信託
最低投資額1万円
手数料固定報酬型約0.7%・成功報酬併用型約0.6%+利益積み上げ額の約5%
リバランス3カ月に1度
自動積立1万円〜
サービス特有の機能TVT機能

サービス利用料のタイプは成功報酬併用型と固定報酬型の2種類があります。

固定報酬型の場合、利用手数料と信託報酬を足した合計手数料は0.963%と一般的な水準ですね。

運用コースについては「保守型」から「かなり積極型」9つ設けられ、自分に合った運用が可能です。

また、2019年4月~6月の四半期の運用成績は、楽ラップの全コースがプラスとなっています。

※運用実績については楽ラップの公式サイトまで

楽天ポイントがもらえるキャンペーン等もあるので、ポイントを集めている人は検討してみてください。

5位.投信工房〜ロボアドで唯一NISAに対応!節税できるからお得にお金を増やせる〜

運営会社松井証券株式会社
サービス開始2016年11月
運用者数非公表
預かり資産非公表
投資対象ノーロード投資信託
最低投資額1万円
手数料無料
リバランスリバランス積立・一括リバランス・自動リバランス機能の3種類あり
自動積立100円〜
サービス特有の機能ポートフォリオ一括購入・NISA対応

その最大の特徴は、NISAに対応していること。

NISAとは「少額投資非課税制度」のことを指します。

毎年一定金額の投資枠に限り、利益を全額非課税にできるのです。

つまり、本来は税金で引かれてしまうはずの金額が少なくなり、節税ができるようになっています。

また、手数料が無料です。

手数料が約1%前後のロボアドバイザーが多い中、無料なのはともありがたいですよね。

さらには、初期投資額1万円、最低積立額100円という超少額で運用が可能となっています。

とにかく費用を抑えて投資を始めたいという人にはうってつけのサービスでしょう。

4.【とにかく楽!】ロボアドバイザーのメリット3選

ロボアドバイザーには、

  • AIが自動運用をするから感情に左右されない
  • 知識がなくても投資を始められる
  • ユーザーに合わせたプラン

といったメリットがあります。

こう聞くと、

「AIに運用を任せちゃって大丈夫なの?」

「なんだかんだで自分でやる作業が多そう…」

「投資プランを決めるには、さすがに投資の知識がいるよね…」

そう思う人も多いのではないでしょうか。

大丈夫です。

ロボアドバイザーはこのような疑問を全て解消してくれます。

これらのメリットが具体的にあなたにどう影響するのか、一つ一つ確認していきましょう。

  1. 【10年は当たり前?】長期運用が前提!安定した資産運用ができる
  2. 自分で資産運用せずに済む【ほったらかしでOK】
  3. 【たった10分】質問に答えるだけ!あなたにあったプランを提案してくれる

4-1.【10年は当たり前?】長期運用が前提!安定した資産運用ができる

ロボアドバイザーは基本的に、「長期・積立・分散」の資産運用をサポートするサービスです。

10年以上は継続する必要があると考えましょう。

逆に言えば、短期間で大きな利益を上げたいという人は向いていないサービスと言えます。


「毎月1万ずつ」といったように、投資をする時期と金額を決めてコツコツと投資していきます。

この積立投資には次のようなメリットがあります。

・投資するタイミングを悩まなくて済む
・投資時期の分散により相対的にリスクの低減を実現
・相場変動のリスクを抑えて、安定した資産形成が可能

投資は継続が大切ですが、ロボアドバイザーなら自動でコツコツ積立してくれるのがありがたいですね。


分散投資とは、投資対象を分散させることで、利益を安定させる投資のことです。

基本的に、分散させる対象は日本を含めた世界であると良いでしょう。

理由は、日本経済より世界経済の方が成長率が高いからです。

投資対象を分散させることで、資産損失のリスクを下げたり、利益が上がりやすくなっているわけですね。


4-2.自分で資産運用せずに済む【ほったらかしでOK】

ロボアドバイザーの最大のメリットはとにかく「手間がかからない」ということ。

投資一任型なので、自動で投資銘柄を選んだり、分散投資で資産損失のリスクを低くしてくれます。

また、設定した資産配分(ポートフォリオ)を維持するため、必要に応じてリバランスしてくれます。

つまり、ほとんど自分の手で資産を運用することはないということです。

これは言い換えれば、ほったらかしでも資産運用することができてしまうということですね。

投資初心者の人や仕事が忙しい人でも、時間や労力をかけず資産運用することができるでしょう。

ポートフォリオとは…金融業界においては投資先のリストをまとめたものをポートフォリオと言います。ロボアドバイザーを使って投資をする際には基本的にポートフォリオを組みます。

引用:ロボアドバイザー・ラボ【公式サイト】

リバランスとは…複数の資産や証券に分散投資するポートフォリオ運用において、資産の再配分をリバランスといいます。時間の経過とともに相場が変動することで、当初決定した資産配分が変わっていきます。そこで、定期的にその資産配分の比率を当初の計画どおりに修正を行います。これがリバランスです。

引用:SMBC日興証券

4-3.【たった10分】質問に答えるだけ!あなたにあったプランを提案してくれる

資産運用のプランを決めるとなると、

「投資の知識がないから不安…」

「専門用語がたくさん出てきて難しそう…」

「なんだかんだで時間も労力もかかるよね…」

そう思う人も多いのではないでしょうか。

心配ご無用です。

どのロボアドバイザーも、資産運用のプランを決める際は簡単な質問に答えるだけで済むのです。

プランを決める前の準備はどれも、投資の知識がなくとも答えられるような内容になっています。

①現在、何歳ですか?
 →「20代」から10歳刻みで「60代以上」まで
②年収はおおよそいくらですか?
 →「300万円未満」「300万円~」「500万円~」「1000万円~」「2000万円~」
③金融資産はおおよそいくらですか?
 →「500万円未満」「500万円~」「1000万円~」「3000万円~」「3億円~」
④毎月の積立額は?
 →「なし」「1万円」「3万円」「5万円」「10万円」
⑤資産運用の目的は?
 →「余裕資金の運用」「住宅購入のため」「退職金の運用」「子供のための長期的な資金づくり」
⑥株価が1か月で下落したら?
 →「すべて売却」「一部売却」「何もしない」「追加投資」


所要時間としては10分かからない程度でしょう。

投資初心者の人にとって、このように資産運用を始めるハードルが低いというのはありがたいですね。

5.【割とお高め?】ロボアドバイザーのデメリット3選

今までロボアドバイザーのメリットについて挙げてきました。

このように便利な面がたくさんあるロボアドバイザーですが、もちろんデメリットもあるんです。

例えば、

  • 手数料が高いと感じる人も多い
  • 良くも悪くも自分で資産運用をしない
  • 損失の可能性がある

といったことが挙げられます。

これらが具体的にあなたにどう悪影響を及ぼすのでしょうか。

デメリットは必ず始める前に確認し、お金や時間、労力が無駄にならないようにしましょう。

  1. 手数料が高いと感じる人も多い
  2. 〝自分で資産運用をしてる感〟がない
  3. 元本保証はないから損失の可能性がある

5-1.手数料が高いと感じる人も多い

どのロボアドバイザーも手数料は約1%ほど。

ロボアドバイザーに頼らず自分でETF等で運用していれば、0.3〜0.5%くらいには抑えられます。

これと比較すると、確かにロボアドバイザーも手数料は高く感じますよね。

ただし自分で運用する場合、銘柄選定からリスク管理まで、全て自分でしなければいけません。

ロボアドバイザーは手数料が高い分、そういった作業を全て担うので、完全にお任せでOKです。

日々自分で投資の勉強をしたり運用したり…といった労力をかけずに済みます。

そういったことを考慮すると手数料約1%はそこまで高くないかもしれません。

ETFとは…投資信託のこと。投資信託とは、投資家から集めたお金をひとつの大きな資金としてまとめ、運用の専門家が株式や債券などに投資・運用する商品のことを指します。

引用:一般社団法人 投資信託協会

5-2.〝自分で資産運用をしてる感〟がない

投資一任型のロボアドバイザーは、良くも悪くも資産運用をほぼロボアドバイザーが担います。

よく言えば、自分で資産運用をする時間や労力が省けるので、楽ができるということです。

しかし悪く言えば、ロボアドバイザーが運用をする分、自分で投資をしている実感が沸きづらいです。

ロボアドバイザーは、

  • 自分で資産運用をしたい
  • 経験を積みたい

といった人にはオススメできません。

5-3.元本保証はないから損失の可能性がある

どんな優れた資産運用サービスでも、「絶対に資産が増える」なんてことはありえません。

仮に利益が回収できなければ、投資した金額を下回る可能性も十分にあるということです。

一般に、どのロボアドバイザーも元本まで保証しているサービスはありません。

ロボアドバイザーが失敗した際は、減ってしまった金額は返ってこないことを覚えておきましょう。

とは言いつつも、リスクを最小限に抑えた設計にはなっています。

損失する可能性はありつつも、投資初心者の人でも比較的安心して資産運用を始められますね。

6.まとめ〜ロボアドバイザーは投資初心者の社会人にオススメ〜

ロボアドバイザーには、

  • AIが自動運用をするから感情に左右されない
  • 知識がなくても投資を始められる
  • ユーザーに合わせたプラン

といった特徴がありました。

筆者がこれまでロボアドを8つのロボアドバイザーを調べてきた経験から、

オススメな順位でいくと、

  1. ウェルスナビ
  2. テオ
  3. LINEスマート投資
  4. .楽ラップ
  5. 投信工房

となりましたね。

こういったロボアドバイザーは、

  • 投資初心者
  • 忙しく投資する時間がない社会人
  • 自分で資産運用をするのが面倒な人

にオススメなサービスと言えるでしょう。

特に、比較的お金に余裕がありつつも、日中は仕事で忙しい投資初心者の社会人にはうってつけです。

今始めれば、10年後には10万円が100万円以上の金額に増えているかもしれません。

この記事を読み、自分にあったロボアドバイザーを見つけられた人は、ぜひ資産運用を始めましょう。

7.【Q&A】ロボアドバイザーのよくある質問5選

未成年でもできますか?

残念ながら、どのロボアドバイザーも未成年の方は取引不可になっています。

確定申告が必要ですか?

一般にどのロボアドバイザー も、口座を選ぶ際に「特定口座(源泉徴収あり)」を選択すれば確定申告は必要ありません。

NISAは対応していますか(節税はできますか)?

基本的に対応していません。松井証券が提供する投信工房のみNISAに対応しています。

運用会社が破綻した場合、それまでの運用資金はどうなりますか?

全額返ってくるものと、返金額に上限があるものがあります。 詳しくは各サービスのホームページにある「よくある質問」をご覧ください。

本人確認書類ってどんなものが必要ですか?

本人確認の際は、運転免許証などの本人確認書類、通知カード(またはマイナンバーカード)、メールアドレス、銀行口座が必要になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です