【知識不要】ロボアドのオススメ3選!投資一任型とアドバイス型とは

「ロボアドって2種類タイプがあるけど、どっちが良いかわからない…」

「それぞれどんなロボアドがあるの?」

「結局どっちが儲かるの?」

ロボアドバイザー(以下ロボアド)は、AIが投資診断や助言、運用そのものを代行するサービス。

ロボアドには、

  • 投資一任型
  • アドバイス型

の2種類のタイプが存在します。

しかし、実際2種類のうち自分がどちらのタイプに向いているのか、迷っていませんか。

投資の知識が乏しい初心者の人は、どういう基準で判断したら良いのかわかりませんよね。

ロボアドのタイプは、

  • 何を目的にするか
  • 自分がどういうスタイルで投資をしたいか

で選ぶべきサービスが変わってきます。

この記事では投資一任型とアドバイス型の特徴や違い、オススメのロボアドを紹介します。

1.【投資一任型VSアドバイス型】知らなきゃいけないロボアドバイザーの種類と違い 

先ほど申し上げた通り、ロボアドには、

  • 投資一任型
  • アドバイス型

の2種類がありました。

「投資一任型」は文字通り、銘柄選定からリスク分散、資産運用そのものまで、全てを任せられます。

自分で運用をする必要がないため、時間がない人や投資知識がない人でも安心して始められますね。

さらに、リバランスという調整の作業もしてくれるので、初心者に最適なサービスと言えるでしょう。

「アドバイス型」は、投資に関するアドバイスのみをAIが行ってくれるロボアドです。

ロボアドのアドバイスをもとに、最終的な運用の決断をするのは自分自身となります。

注意しなくてはいけないのは、定期的に必要なリバランスという作業も自分で行う必要があるのです。

投資初心者の場合にはあまりオススメできません。

つまり、投資一任型とアドバイス型の大きな違いは、「自分で運用するか否か」となっています。

リバランスとは…複数の資産や証券に分散投資するポートフォリオ運用において、資産の再配分をリバランスといいます。時間の経過とともに相場が変動することで、当初決定した資産配分が変わっていきます。そこで、定期的にその資産配分の比率を当初の計画どおりに修正を行います。これがリバランスです。

SMBC日興証券公式サイト

2.【完全放置ゲー!】投資一任型ロボアドバイザーのオススメTOP3

一概に投資一任型と言えど、それぞれ独自の特徴を持っているんです。

この記事を書くにあたりロボアドについて30時間ほど調べた筆者が、

  • 最低投資額や手数料の低さ
  • 運用実績や知名度、ネットの評判
  • サポートの手厚さ

を基準に、初心者にオススメの投資一任型ロボアドTOP3を選びました。

投資一任型で運用を検討している人は、是非この中から自分にあったロボアドを見つけてくださいね。

  1. WealthNavi〜業界人気No.1!投資初心者でも運用を丸投げできる〜
  2. THEO〜ユーザーは投資未経験者が80%!分散投資で損害を最小限に抑える〜
  3. LINEスマート投資〜お小遣い感覚でOK!500円から始める資産運用〜

1位.WealthNavi〜業界人気No.1!投資初心者でも運用を丸投げできる〜

運営会社ウェルスナビ株式会社
サービス開始2016年7月
運用者数17万人(2019年12月31日時点)
預かり資産2500億円
投資対象海外ETF
最低投資額10万円
手数料約1% ※3,000万円を超える部分は0.55%
リバランス半年に1回
自動積立1万円~
サービス特有の機能デタックス(自動税金最適化)

投資一任型のロボアドでオススメの第1位は、「WealthNavi」(以下ウェルスナビ )。

2016年にサービスが開始されているので、ロボアド業界では比較的昔からあるロボアドですね。

さらにウェルスナビは2020年6月、預かり資産2500億円、口座数31万口座を突破。

ロボアド業界の中では圧倒的な実績であると言えます。

また、公式サイトではCEOである柴山さんの運用実績も公開されているんです。

ウェルスナビ公式サイトより(2020年4月30日時点)

この図を見ると、投資額の累計483万円が、541万円以上(+12.05%)に増えています。

1年あたりにすると+3.5%です。

投資経験のない人は、人気もあり実績もあるウェルスナビに運用を任せることをオススメします。

2位.THEO〜ユーザーは投資未経験者が80%!分散投資で損害を最小限に抑える〜

運営会社株式会社お金のデザイン
サービス開始2016年2月
運用者数6万5千人
預かり資産360億円
投資対象海外ETF
最低投資額1万円
手数料約1% ※3,000万円を超える部分は0.5%
リバランス月1回
自動積立1万円~
サービス特有の機能THEO AIアシスト

一任型でオススメ第2位は、株式会社お金のデザインが提供する「THEO」(以下テオ)。

ユーザーの大半は20~30代と、若い層に人気のあるロボアドです。

公式HPによると、ユーザーの80%は投資の未経験者とのこと。

またテオは、

  • 最低積立額は1万円と、ロボアドの中では比較的安い
  • 月ごとにリバランスしたり、歳を重ねるごとに応じて、定期的に投資銘柄の変更してくれる
  • 急激な下落時は、ポートフォリオの資産配分を自動で変更し、大きな下落を軽減してくれる

といった、初心者想いな特徴を持っています。

よってテオは、投資経験がなく、まずは少額から始めたいという人にとてもオススメです。

ポートフォリオとは…金融業界においては投資先のリストをまとめたものをポートフォリオと言います。ロボアドバイザーを使って投資をする際には基本的にポートフォリオを組みます。

ロボアドバイザー・ラボ【公式サイト】

3位.LINEスマート投資〜お小遣い感覚でOK!500円から始める資産運用〜

運営会社LINE Financial株式会社・株式会社FOLIO
サービス開始2019年4月25日
運用者数400万人(友だち登録者数)
預かり資産非公表
投資対象海外ETF
最低投資額500円
手数料預かり資産の1%(税抜年率)+ ETF経費(非公開/税抜年率)
リバランス特定の条件で自動リバランスを実行
自動積立500円〜
サービス特有の機能LINE Payとの連携

※図はワンコイン投資の場合

一任型でオススメのロボアド第3位は、「LINEスマート投資」。

普段から、

  • LINEを使っている
  • LINE Payで支払っている

そんな人にオススメのサービスです。

このLINEスマート投資は「ワンコイン投資」と「テーマ投資」の2種類に分けられます。

投資初心者の人に特にオススメなのがワンコイン投資です。

ワンコイン投資は、500円という超少額から始められるので、初心者はお小遣い感覚で運用できます。

さらに、LINE Pay引き落としにすることで、LINE Payの還元率が上がり、ポイントも貯まるのです。

LINEユーザーにとっては、LINEの延長感覚で気軽に運用できるのが良いですね。

まずは軽い気持ちで資産運用してみたい!という人はLINEスマート投資が向いています。

3.【運用は自分自身】アドバイス型ロボアドバイザーのオススメTOP3 

アドバイス型では、どのロボアドも最終的に運用の意思決定をするのは自分自身です。

ここのランキングも投資一任型と同様に、初心者に最適なアドバイス型のロボアドを3つ選びました。

同じアドバイス型と言えど、初期投資額や手数料、独自の機能で大きく違いがあります。

始める前に、しっかりと確認してくださいね。

  1. 投信工房〜100円から積立可!1万円で開始できるから気軽に経験できる〜
  2. マネックスアドバイザー〜何回でも運用プランを変えられるから、自分の投資プランに柔軟に対応してくれる〜
  3. SMART FOLIO〜銀行が提供していて窓口対応がしっかりしているから相談がすぐできて安心〜

1位.投信工房〜100円から積立可!1万円で開始できるから気軽に経験できる〜

運営会社松井証券株式会社
サービス開始2016年11月
運用者数非公表
預かり資産非公表
投資対象ノーロード投資信託
最低投資額1万円
手数料無料
リバランスリバランス積立・一括リバランス・自動リバランス機能の3種類あり
自動積立100円〜
サービス特有の機能ポートフォリオ一括購入・NISA対応

アドバイス型でオススメなロボアド第1位は、松井証券が提供する「投信工房」。

その最大の特徴は、NISAに対応していること。

NISAとは「少額投資非課税制度」のことを指します。

毎年一定金額の投資枠に限り、利益を全額非課税にできるのです。

つまり、本来は税金で引かれてしまうはずの金額が少なくなり、節税ができるようになっています。

また、手数料が無料です。

手数料が約1%前後のロボアドが多い中、無料なのはともありがたいですよね。

さらには、初期投資額1万円、最低積立額100円という超少額で運用が可能となっています

  • 投資初心者だけど自分で運用したい!
  • だけど始めは損失が怖いから費用を抑えたい!

という人には最適なロボアドですね。

2位.マネックスアドバイザー〜何回でも運用プランを変えられるから、自分の投資プランに柔軟に対応してくれる〜

運営会社マネックス証券株式会社
サービス開始2017年10月
運用者数非公表
預かり資産非公表
投資対象海外ETF
最低投資額5万円
手数料約0.3%
リバランス目標ポートフォリオから乖離するたび提案
自動積立1万円〜
サービス特有の機能貸株サービス

アドバイス型でオススメのロボアド第2位は「マネックスアドバイザー」(以下マネアド)。

マネアドの最大の特徴は、何回でも運用プランを変えられるということ。

市場の動きに合わせて、自分で運用プランを変更したり、資産配分を変更できます。

また、その回数も無制限なんです。

よって、ロボアドバイザーの手が介入しつつも、自分で投資をしているという感覚があります。

ただし、最低投資額は5万円と、比較的高めな設定です。

なので、それなりの投資額で本格的に投資をしたいという人にマネアドはオススメなサービスです。

3位.SMART FOLIO〜銀行が提供していて窓口対応がしっかりしているから相談がすぐできて安心〜

運営会社株式会社みずほ銀行
サービス開始2015年10月 
運用者数非公表
預かり資産非公表
投資対象投資信託
最低投資額1万円
手数料無料
リバランスリバランス案の作成
自動積立1000円~
サービス特有の機能インターネットバンキング「みずほダイレクト」を同時契約することで、複数の投資信託の購入・解約などが一括注文できる

アドバイス型でオススメのロボアド第3位は「SMART FOLIO」。

その最大の特徴は、誰もが知っているみずほ銀行が提供しているということ。

ロボアドの中では珍しく、窓口対応ができる仕様となっています。

これは銀行が運営しているからこそのメリットですね。

一般に、ロボアド運営会社は、ロボアドのみ行っていることが多く、窓口対応がないこともあります。

しかしながら、資産運用をしていく上で、疑問点や不安な出来事は必ずありますよね。

そんな時、SMART FOLIOのように頼れる相手がいるのは、ユーザーにとっては心強いです。

AIの助言があるとは言え、頼れる人が欲しいという人には、このSMART FOLIOをオススメします。

4.【投資一任型とアドバイス型】ロボアドバイザーを選ぶ基準を知る

「投資一任型とアドバイス型、どういう基準で選べば良いの?」

「自分にはどっちが向いているのかわからない…」

「判断材料を知りたい!」

投資一任型とアドバイス型の特徴はわかっても、結局どちらが向いているのかわからないですよね。

ここではそれぞれどのような人に向いているか紹介します。

自分のライフスタイルや投資に対する考え方から、自分にあったタイプを選びましょう。

  1. 「投資一任型」は仕事で忙しい社会人に向いている
  2. 「アドバイス型」は初心者でも自分で投資をして勉強したい人向け

4-1.「投資一任型」は仕事で忙しい社会人に向いている

「投資一任型」は、発注から運用、リバランスまで、運用に必要な作業全てをロボアドが行います。

つまり、アドバイス型と異なり、資産運用に自分の手を介することがないので、

  • 仕事が忙しくて投資をする時間がない人
  • 投資知識がなくて自分で運用するのが不安な人
  • 自分で投資するのが面倒だったり、相場変動に感情を左右されたくない人

にオススメなサービスとなっています。

一方で、

  • AIに任せず自分で投資をしたい
  • 投資経験を積みたい

といった人には物足りなさを感じるシーンもあるでしょう。

4-2.「アドバイス型」は初心者でも自分で投資をして勉強したい人向け

「アドバイス型」は、あくまでユーザーが行う資産運用の助言をするのみです。

投資の発注や運用、運用途中における資産配分の変更など、実践的な作業はユーザーが行います。

よって、

  • 自分で運用して投資の経験を積んでみたい
  • AIから助言をもらいながら運用し、自分に向いている投資スタイルを知りたい

といった人に向いているサービスですね。

反対に、投資一任型と比較すると、自分で投資の発注や運用を行わないといけません。

時間に余裕のない人にとっては運用する労力や時間が負担となるでしょう。

5.【まとめ】時間とお金次第で資産が増やせる可能性が上下する

投資一任型とアドバイス型、それぞれにメリット・デメリットがありました。

結局のところ、どちらがお金増やせるのでしょうか。

まとめると、

  • 投資一任型は、投資額が大きければ大きいほど、増えた時の利益の幅が大きい
  • アドバイス型は、自分の運用の手腕が上手ければ上手いほど資産が増やせる

という結論となり、一概にどちらの方が資産が増やせると断言するのは難しいでしょう。

ここで注意しておきたいのが、「投資リスクとリターン」についてです。

一般に投資において、大きなリターンを得るにはその分大きなリスクが伴うものです。

反対に、少額であればあるほど、損失のリスクも小さくなりますがリターンも小さくなります。

だからと言って、大金を得るため大きなリスクをとるのは怖いですよね。

いくらAIが運用するとは言え、元本を下回らない可能性がないわけではありません。

どんな優れたロボアドでも、「絶対に資産が増える」という保証はないということですね。

なので、投資初心者はまず少額で試し、好調であれば少しずつ投資額を増やすことをオススメします。

この記事が、ロボアドの情報を集める上で少しでもお役に立てれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です